現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

商品カテゴリー

  • 当サイトについて
  • お問い合わせ
  • 特定商取引に関する法律

年金研修会

第一回目 社会保険の適用(会社と個人)   7月9日(金)18:30~20:00     
中小企業と社会保険
        法人なら、社長一人だけでも強制加入
        年金事務所ごとに違う「非常勤取締役の加入条件」 
  社会保険料は、給料の15%

       社会保険の適用拡大
        現行の社会保険加入基準は、大企業と中小企業で異なる
        適用拡大は、令和4年10月から
        加入すべき人の未加入が見つかるのは…

 第二回目 就労と年金   8月13日(金)18:30~20:00
      働きながら受ける年金
         支給開始年齢と二つの特例
         在職老齢年金の誤解、低在老と高在老
         令和4年4月から、低在老の停止基準額が47万円に
       経営者の年金
        年金が全額もらえる役員報酬
        「年収1000万超の社長でも年金がもらえる」は?
        社長のままなら、「年金の減額」は一生続く

 第三回目 知っていて損はない年金の知識   9月10日(金)18:30~20:00
繰上げと繰下げ
         厚生年金にも繰上げがある
         厚生年金を繰り上げた人の在職老齢年金
         繰下げは「いつまで生きるか?」だけで決めるべきではない
       遺族年金と障害年金
        従業員が亡くなった…遺族年金はもらえるか?
        遺族年金で問われる「生計を維持されている」とは
        最近多い「うつ病による障害年金請求」

第四回目 令和4年度からの年金制度改正  10月8日(金)18:30~20:00
      被保険者に影響があること
         低在老の支給停止基準が47万円に
         繰下げを75歳までに延長
         在職していても年金額が増える
      事業所に影響がある適用拡大
       長年の検討事項が平成28年10月から実施された
        適用単位は、法人番号ごと
        国は「適用緩和」と言うが、事業所には「適用強化」

第五回目 所得税の扶養家族と健康保険の扶養家族 11月12日(金)18:30~20:00
      年収の壁の誤解
        年収103万円にこだわるのは「実態を知らない人」
        150万円と130万円、どちらを気にすべきか
        会社を辞めた妻を被扶養者にするには
       控除対象扶養親族か被扶養者か
        遺族年金を受けている母親を扶養家族にする
        加給年金は「扶養手当」か?
        離婚分割「夫の年金の1/2」とは

第六回目 定年と年金 12月10日(金)18:30~20:00
       60歳からの社会保険料と公的保障
         給料が大きく下がった場合は「同日得喪」
         高年齢雇用継続給付と年金
         年金と雇用保険基本手当の調整
        年金と税金
         退職後の住民税はなぜ高いか
         年末調整後の確定申告
         年金額が400万円以下なら確定申告不要?    

  • NEW
商品コード: 金曜Bオンライン年金教室

金曜Bオンライン年金教室

販売価格(税込) 36,000 円
関連カテゴリ:

年金研修会

個  数

カゴに入れる

このページのTOPへ
Copyright(C)2009 Hattori Nenkin All rights reserved.